貧乏思考を早く捨てろ(船ヶ山哲:REMSLILA) 

 

こんにちは、船ヶ山です。

 
世の中には、大きく分けると
3つの人種がいます。
 
・価値を提供するお金持ち
・平均収入の一般消費者
・被害者気取りの貧乏人
 
ということです。
 
ただ、今回のポイントは、
 
あなたが最下位に入らないための
注意点をお伝えしていきます。
 
なぜなら、
 
「被害者気取りの貧乏人」
 
に入ってしまうと間違った色眼鏡を
自らかけ未来の可能性を狭める羽目
となるからです。
 
これでは成功どころかの話ではなく
破滅の道を自ら歩む羽目となります。
 
もちろん、
 
これを読んでいるあなたは、
そんなことはないとは思いますが、
 
このマジックにハマってしまうと
どれだけ努力しても成功することは
ありませんので再確認する意味でも
 
もう一度、「自分は大丈夫かな?」
と胸に手を当て考えてみてください。
 
では、始めていきます。
 
この下級層の貧乏人は、
 
「商品を売られること=詐欺」
 
だという思い込みをしています。
 
通常で考えれば、
 
「そんなバカはいないでしょ」
 
とあなたは理解出来るかもしれません。
 
が、
 
この下級層の人間は、そうは考えません。
 
詐欺と商品を売ることを混同して
しまっているのです。
 
どういうことかというと、
 
「商品を売ることは悪いことだ」という
間違った洗脳を受けてしまっているため
 
何が正解で、何が不正解なのかが
分からなくなっているのです。
 
これを証明するために1つの例を
出します。
 
あなたは、パーティーをするために
魚屋さんにカキを買いに行ったとします。
 
そこで、
 
魚屋の店長は、カキにあう極上ワインと
カキの旨みを最大限に引き出すレモンを
勧めてくれました。
 
この時、あなたは、どう感じますか?
 
A:親切な人だ。酒屋に行く手間も省けた。
B:カキを売った後にワインを売るなど詐欺だ。
 
いかがでしょうか?
 
大半の人は、「A」と答えたと思いますが、
もし、あなたが、この魚屋の店主を詐欺師
呼ばわりしていたら、
 
下級貧乏人の罠にハマっている可能性が
あります。
 
なぜなら、
 
商品はお客が選ぶもので、お客の未来を
提案をする奴は詐欺師だという思い込みが
悪い色眼鏡となってしまっているからです。
 
これでは、下級貧乏人と呼ばれても
仕方ありません。
 
なぜなら、
 
詐欺の定義を間違っているだけなく
セールスと詐欺の見分けすらつかない
猿以下の赤ちゃんだからです。
 
とはいえ、
 
詐欺の定義を知らない人も多いと
思いますので、簡単に説明すると
 
詐欺とは人を騙しお金を奪う行為であって
商品を売ることとは関係ありません。
 
しかしながら、下級層の貧乏人は
ここが理解できないのです。
 
なぜなら、
 
知能が低いため商品以外の提案をする
行為は、すべて詐欺だという間違った
認識で生きているからです。
 
詐欺:人を騙しお金を奪う行為
セールス:価値を届けお客の未来を築く
 
ただ、これを見て分かると思いますが、
そもそも詐欺とセールスは違うものです。
 
こんなこと改めて説明するほどの
ことではないのですが、
 
世の中には、このような貧乏思考の人が
まだまだいるということです。
 
これは、
 
非常に悲しいことではあるのですが、
あなたがもし努力しても成功できない
と頭を抱えているとしたら、
 
この罠にハマっていないかをもう一度
自分自身に問いただしてください。
 
もしかしたら、
 
知らず知らずの間に、他人の手により
色眼鏡をかけさせられている可能性が
あるかもしれません。

 

 

メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。

========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://canyon-ex.jp/fx2165/Txrh2m
========================