船ヶ山哲が考える「評判」とは


こんにちは、船ヶ山です。

評判はビジネスにおいて
強力なパワーとなってくれます。

が、

そもそも評判とは何が影響し
どのようなことを行えば、

「いい評判を得ることができるのか?」

ということが分からなければ

評判を味方につけ、ビジネスを
発展させていくことができないので

本日は、この評判の作り方について
お話していきます。

まず始めに、言葉の意味を
理解することができなければ
対応策を講じることができないので
意味合いを一緒に見ていきます。

================
・評判とは、世間の批評。うわさ
================

という意味を持ち、同時に
有名になることを示しています。

ということは、いい意味での噂を広げ
有名になることができれば、

「結果、評判は上がる」

とも捉えることができます。

この観点で考えた場合、
どのようにうわさを味方につけ
評判に転化できるのかというと

===============
プラスだけでなくマイナスにも
着目することです。
===============

その際、注意すべきことは、

批判を恐れて自分の本来の
メッセージにフィルターをかけない
ことです。

多くの人は、批判を恐れるばかりに
メッセージを弱めてしまう傾向に
ありますが、

そんなことしても、あなたの存在
自体ないものとなります。

これでは批判されることもないかも
しれませんが、いい評判を得ることも
できません。

ですので、

批判を恐れず自分の考えていることは
ドンドン発信していくことです。

その上で、次に行うべきことは、
広告を使いメッセージを積極的に
拡散していくことです。

多くの人は、この部分を見過ごしています。

評判というと、顧客だけが対象と
思いがちですが、そうではありません。

顧客の前には、見込み客という
フェーズがあり、

その段階で、いい評価を受け
信頼を得ることができなければ
お客を得ることできませんので

顧客に繋がるいい評判を得たければ、
今いる顧客だけを対象にするのではなく

将来、繋がる顧客にもメッセージを
投げるようにしてください。

その際のコツは、

=================
100人に嫌われて1人に愛される
強いメッセージを届けることです。
=================

それだけで、あなたの評判は
世代を超え、いい評価を受ける
こと間違いなしです。

 

メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。
========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://canyon-ex.jp/fx2165/Txrh2m
========================

第8弾書籍「会社を辞めずに収入を月50万円増やす! 」
https://www.amazon.co.jp/dp/4087861155/

第7弾書籍「武器としてのビジネススキル」
http://amzn.asia/d/6Fpu6Fs

第6弾書籍「自由とお金をもたらす最速の稼ぎ方」
http://www.adw-zion.com/amazon6/

第5弾書籍「洞察のススメ」
http://amzn.asia/guRnFw4

第4弾書籍「超・起業思考」
http://www.adw-zion.com/amazon4/

第3弾書籍「稼ぎたければ、捨てなさい」
http://www.adw-zion.com/amazon3/

第2弾書籍「大富豪から学んだ世界最強の儲かる教え」
http://www.adw-zion.com/daifugou_amazon/index.html

第1弾書籍「売り込まずにお客が殺到するネット集客法」
http://www.adw-zion.com/amazon/amazon.html

雑誌「LEON」WEB連載
https://www.leon.jp/series/series21

雑誌「THE21」連載
https://shuchi.php.co.jp/the21/detail/4708

船ヶ山哲のyoutubeマイチャンネル
https://remslila.co.jp/youtube/

船ヶ山哲のFaceBook
https://remslila.co.jp/facebook/

船ヶ山哲のTwitter
https://twitter.com/remslila

 

===================
株式会社REMSLILA
URL:https://www.remslila.co.jp
MAIL:info@remslila.co.jp
===================