稼ぐ人にしか見えない視点

 

こんにちは、船ヶ山です。

人は、細胞レベルでは
さほど変わらないのに

収入レベルが大きく違うのは

・見えている範囲と
・捉えている解釈の違い

になります。

そこを広げることができれば、
成功するのは簡単なわけですが、

残念ながら収入の低い人は
自分のことしか見えていません。

これでは、日々の生活費を
稼ぐのがやっとです。

このように言うと、

「私は地域のことも考えている」

という人がたまにいますが、

そういう人は、他よりも
余裕があり、広い視野を
持っていることになります。

ただ、、、

その視野をもっと広げることが
できれば、今よりもっと多くの
人から感謝され、尊敬される
ようにもなりますし

収入を上げていくことも可能です。

それを示すレベルがこれです。

1.自分
2.家族
3.友人
4.知人
5.地域
6.日本
7.世界
8.宇宙
9.未来
10.過去

これを見て、あなたは、
どのレベルまで意識する
ことができていますか?

そして、

あなたは、どのレベルまで
時間、労力、お金を使う
ことができていますか?

例えば、

自分や家族のことにしか
お金を使えない人間は、

困った時に、誰も助けて
くれません。

それもそのはず、日頃から
自分のことしか考えていない
からです。

その一方で、

日頃から地域のことにも
積極的にお金を使い

地域の模様しものや
子ども食堂などに食材を
提供している人が

不景気の煽りで困った場合、

いつもお世話になってるからと
地域住民が助けてくれます。

さらに、未来のことまで考え
お金を使う人は、どうか?

というと、

自然に助けられ絶滅の危機から
人類を救ってもらうことが
できるかもしれません。

ここまでくると少し大袈裟ですが、

下に行けば行くほど、俯瞰した
目を持つことになるので

器だけでなく収入も大きくなります。

なぜなら、

対流を大きくすることで
お金の循環は高まり

その分、大きな波となって
舞い戻ることになるからです。

この観点で見た場合、
あなたは、どこに位置付け
されますか?

もし、低い位置にあるとすれば
少し視野を広げるだけで

日々のストレスから解放され
自由と共に、そこには新しい
世界があることに気づくはずです。

 

メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。
========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://remslila.co.jp/mail
========================

第10弾書籍「10歳から始める起業家になるための7つのレッスン」
https://www.amazon.co.jp/dp/4777826236

第9弾書籍「まだ間に合う! 定年までに複数収入をつくる「お金革命」
https://www.amazon.co.jp/dp/4866630965

第8弾書籍「会社を辞めずに収入を月50万円増やす! 」
https://www.amazon.co.jp/dp/4087861155/

第7弾書籍「武器としてのビジネススキル」
https://www.amazon.co.jp/dp/4569840337/

第6弾書籍「自由とお金をもたらす最速の稼ぎ方」
http://www.adw-zion.com/amazon6/

第5弾書籍「洞察のススメ」
https://www.amazon.co.jp/dp/4866630213/

第4弾書籍「超・起業思考」
http://www.adw-zion.com/amazon4/

第3弾書籍「稼ぎたければ、捨てなさい」
http://www.adw-zion.com/amazon3/

第2弾書籍「大富豪から学んだ世界最強の儲かる教え」
http://www.adw-zion.com/daifugou_amazon/index.html

第1弾書籍「売り込まずにお客が殺到するネット集客法」
http://www.adw-zion.com/amazon/amazon.html

雑誌「LEON」WEB連載
https://www.leon.jp/series/series21

雑誌「THE21」連載
https://shuchi.php.co.jp/the21/detail/4708

船ヶ山哲のyoutubeマイチャンネル
https://remslila.co.jp/youtube/

船ヶ山哲のFaceBook
https://remslila.co.jp/facebook/

船ヶ山哲のTwitter
https://twitter.com/remslila

 

===================
株式会社REMSLILA
URL:https://www.remslila.co.jp
MAIL:info@remslila.co.jp
===================