短期間で成功する秘訣(その11)(REMSLILA:船ヶ山 哲)

こんにちは、船ヶ山です。

前回は、短期間で成功する秘訣として、
誰にも負けないビジネスについてお話しました。

本日は、

短期間で成功する秘訣(その11)でもある
ビジネスで抑えなくてはいけないポイントに
ついてお話していきたいと思います。


あなたは、ビジネスを行う上で何が大切だと
お考えですか?

・商品
・人脈
・信頼

etc…

ありますが、

稼げない人は、そもそもビジネスで抑える
べきポイントが、分かっていないのです。


例えば、

自分がいいと思った商品を作成もしくは
仕入れ、

カタログやチラシなどを作成し当てもなく
営業に駆けずり回る。

そして、

資金が尽きた頃、自分には戦略がなかった
ことに始めて気づきます。

ただ、

こういった人は、非常に多くいい商品や
優れたビジネスモデルにさえ出会えれば、
自分も成功できると思ってしまうのです。

しかし、

ビジネスはそんなに甘くはありません。

今の時代、いい商品だけで何とかなる
ということはないのです。


では、ビジネスで抑えなくてはいけない
ポイントとはそもそも何か?

それは、

1.戦う市場決め
2.見込み客の把握
3.ターゲット選定

というような順番です。

しかし、

多くの人は、この順番を無視している
もしくは、あったとしても逆なのです。

そして、

少し勉強した人が陥る間違えは、
「ターゲットは大切だ」という罠です。

もちろん、ターゲットを決めるという
ことは非常に大切ではあるのですが、

先ほどの順番を見て分かるように、
その前に決めなくてはいけないことが
いくつかあるのです。


1つずつ順番に見ていきます。

==================
1.戦う市場決め
==================

商品は1つであっても、市場というのは
沢山存在します。

例えば、

掃除機を扱っていることろは、
ヤマダ電機もジャパネットタカタでも
扱っています。

しかし、

そこにいるお客様は異なるだけでなく
そもそも願望自体違うのです。

ヤマダ電機にいるお客様は、
触りたい比べたい持ち帰りたいという
願望があるのに対し、

ジャパネットの客様は、
触ることも比べることも持ち帰ることも
出来ません。

が、

どちらの会社も売れています。

このように、まずは自分の資産や状況を
把握した上で、どの市場で戦うかを決め
なくてはいけないのです。


==================
2.見込み客の把握
==================

次にターゲットを決める前に見込み客
を把握しなければいけません。

ここを抜かし、ターゲットを決めると
冷やかし客に振り回されることになります。

では、見込み客とは何か?

それは2つの定義に当てはまっているか
どうかが成否を分けます。

その2つの定義とは、

・お金を払ってでもその問題を解決したい
・お金を払う心の準備が出来ている

ということです。

ただ、

このままだと少しイメージが付かないと
思いますので、分かりやすい判別方法は
これまでに、業界の商品を買った経験が
あるかどうかです。

いわゆる「競合他社の商品を買った」か
どうかが判断基準となるのです。

それ以外は、見込み客になるか、それとも
冷やかし客のままなのかがまだ分からない
ということです。

そんな分からない人を口説く時間があるの
であれば、これまでに商品を買った人だけ
にアプローチする方が時間や労力を無駄に
しないということです。


==================
3.ターゲット選定
==================

その段階で、ターゲットを絞っていきます。

流れで言えば、

見込み客 > ターゲット選定

という具合です。

そもそも市場とは、見込み客と販売者の
溜まり場を示します。

が、

その市場の中には、色々な属性の人が
滞留しています。

サラリーマンや主婦、経営者に無職の人。

さらに言えば、

性別はもちろん年収や職業、家族構成
など、それぞれ異なります。

ただ、

この世の中、全員にマッチする商品など、
1つもありません。

その証拠に、

保険という商品をとったとしても、年齢や
条件によって商品は異なるということです。

だから、

メッセージを伝えるためにもターゲットを
決めるということは、非常に重要になって
くるのです。

ただ、

忘れてはいけないのが、見込み客を抑えた
段階でターゲット決めを行わないと、時間
だけでなく労力やお金を失うことになります。

なぜなら、

冷やかし客を絞ったところで冷やかし客
しか残らないからです。

==================

このようにビジネスというのは、順番や
ルールがあります。

が、

そのことを無視して商品を仕入れても
在庫を抱え借金に潰されてしまうのです。

ですので、

そのような罠にハマらない為にも、
盲目になるのではなく色々な視点で
俯瞰して見るようにしてください。

そうすることで、

今のあなたの状態でも勝てるビジネスを
見つけることが出来るようになります。


次回は、

短期間で成功する秘訣(その12)について
お話ししていきますので、楽しみにしていて
下さい。

 

メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。
 

========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://canyon-ex.jp/fx2165/Txrh2m
========================