消費者から研究者へ

 

こんにちは、船ヶ山です。

ビジネスで儲けるのが
下手な人は、

意識レベルが低すぎます。

言い換えれば、

「消費者レベル」です。

このように言うと、

「顧客視点になることは
 いいことでは?」

と考える人も多いかも
しれませんが、

その程度では商売になりません。

意識的に言えば、

「研究者レベル」

になって始めてイーブンと言えます。

ちなみに僕の場合、

マーケティングやセールスを
教えるということを生業にして
いますが、

この分野においては、

今もなお日々研究していますし
分析、研究することが楽して
仕方ありません。

ほぼ、オタク領域です。

しかし多くの人は、

お金を稼ぐ手段として
仕事をしているため

ある意味、仕方なく仕事を覚え

処理することだけに
時間を費やしますが、

この考えでは、成長することも
なければ、お金持ちになることも
ありません。

なぜなら、お客さんと言うのは、

・知識そこそこ処理をこなすだけの人
・その分野に詳しいオタク並の専門家

であれば、専門家に相談したいと
思うからです。

しかも、

それがオタク並の専門家であれば
金銭を超える情熱があるため

「ビジネス度返し」

の深い情報を得ることができます。

だから、何かを得る場合、

安いを理由に処理するだけの人に
依頼するのではなく、オタク並に
研究し、パッションある人を選ぶ
必要があります。

とは言え、

その分野をビジネスにする場合、
商品部分だけオタク並の知識を得ても
お金になることはありません。

そこに、儲かる市場があり、

マーケティングやセールス
ビジネスを学ばなければ、

せっかくの知識を得ても
水の泡にもなりかねません。

ですので、

ビジネスを成立させるという
観点で見ても

市場とお金にする手段は
合わせて考える必要があります。

そこさえ抑えることができれば
自分の分野では、どんどん
オタクとなり研究を重ねることで

今までは見えなかったものが
見えるようにもなりますので

「自分の成長と情熱を消さない」

ためにも学びを苦労と思わない
分野を選ぶことです。

 

メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。
========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://remslila.co.jp/mail
========================

第11弾書籍「20歳をすぎたら最初に知っておきたいお金の哲学」
https://amzn.to/3z6GrMc

第10弾書籍「10歳から始める起業家になるための7つのレッスン」
https://www.amazon.co.jp/dp/4777826236

第9弾書籍「まだ間に合う! 定年までに複数収入をつくる「お金革命」
https://www.amazon.co.jp/dp/4866630965

第8弾書籍「会社を辞めずに収入を月50万円増やす! 」
https://www.amazon.co.jp/dp/4087861155/

第7弾書籍「武器としてのビジネススキル」
https://www.amazon.co.jp/dp/4569840337/

第6弾書籍「自由とお金をもたらす最速の稼ぎ方」
http://www.adw-zion.com/amazon6/

第5弾書籍「洞察のススメ」
https://www.amazon.co.jp/dp/4866630213/

第4弾書籍「超・起業思考」
http://www.adw-zion.com/amazon4/

第3弾書籍「稼ぎたければ、捨てなさい」
http://www.adw-zion.com/amazon3/

第2弾書籍「大富豪から学んだ世界最強の儲かる教え」
http://www.adw-zion.com/daifugou_amazon/index.html

第1弾書籍「売り込まずにお客が殺到するネット集客法」
http://www.adw-zion.com/amazon/amazon.html

雑誌「LEON」WEB連載
https://www.leon.jp/series/series21

雑誌「THE21」連載
https://shuchi.php.co.jp/the21/detail/4708

船ヶ山哲のyoutubeマイチャンネル
https://remslila.co.jp/youtube/

船ヶ山哲のFaceBook
https://remslila.co.jp/facebook/

船ヶ山哲のTwitter
https://twitter.com/remslila

 

===================
株式会社REMSLILA
URL:https://www.remslila.co.jp
MAIL:info@remslila.co.jp
===================