市場を変えただけで50倍の売上(REMSLILA:船ヶ山 哲)

1つ面白い事例をご紹介します。

それは、年間500万円も満たなかった
会社が市場を変えることで2.5億円に
なった事例です。


この会社は、病院向けに
番号発券機を販売していたのですが、
まったく売れませんでした。

それもそのはず、

あなたも病院に行けば分かりますが、
番号発券機を入れているところが
ほとんどないのです。


多くの方は、競合がいないところを
探したがるのですが、

そもそも市場とは、
「見込み客×販売社」の数で規模が決まります。


ここで儲らない人は、誰もいないところを
攻めるのですが、誰もいないということは、
そこには市場がないという証拠でもあるのです。


今回のケースも同じです。

「病院=混んでいる」

だから、発券機があれば便利。

という安易な考えで、参入したのですが、
そもそもそこにお金を払ってでもその
問題を解決したいと望む人がいなければ、
ビジネスになどならないのです。


では、この会社が何をしたのか?

それは、対象を「携帯ショップ」に
変えたのです。

その瞬間、一気に引き合いがあり
芋づる式に契約を勝ち取ることが
できました。


では、病院では売れないものが
なぜ、携帯ショップでは売れたのか?

それは、携帯ショップは、混雑していない
お店であっても、発券機を入れるのは当然
だと言う認識の業界だったのです。


もちろん、そんな認識の業界なので、
競合他社もかなりの数いたのですが、

その分、見込み客も多いということです。


儲らない人は、欲しがってもない人に対し、
「あなた悩んでいますよね」と無理くり
商品を提案し、無駄に時間をかけますが、

しかし、

儲る人は「今、欲しい」と言う人にしか
そもそもアプローチしないのです。


あと、これは勘違いしている人も
多いのですが、

同じ商品でも市場は沢山存在します。

そして、その市場によって、
見込み客の状態は変わります。


このように、見込み客の状態が
今どこに位置しているかを知れば、
苦労することなく商品を売ることが
出来ます。

ですので、

もし、あなたが思うように
商品が売れないというのであれば、
まず、競合他社がそこにいるのかを
知ってください。

もしかしたら、あなただけ
取り残された可能性があります。

これは、過去に腐敗した荒れ地だけ
でなく未開拓の地であるということも
基本的には同じです。


メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。


========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://canyon-ex.jp/fx2165/Txrh2m
========================