天才と呼ばれるコピーライターは何が上手いのか?(REMSLILA:船ヶ山 哲)

こんにちは、船ヶ山です。


あなたは、これまでにコピーライティング
という言葉を聞いたことありますか?


このコピーライティングとは、
CMなどで使われる文章のことではなく
文字だけで売上をあげる文章のことです。


ただ、これまでにこのコピーライティングと
いう言葉を聞いたことがある人は一度は感じた
ことあると思うのですが、

コピーが上手い下手というのは何で
判断されるのかあなたはご存知ですか?


ただ、文章が上手ければいいのか?

それとも、感情を揺さぶる文章を
書けば上手いと言われるのか?


もちろん、こられも大切なことかも
しれませんが、コピーライティングが
上手いと言われる人は、あることが
非常に優れています。


それは、相手の中にある現実と
自分の主張をリンクさせるのが
無理なくスムーズなのです。


これは、コピーライティングだけでなく
パブリックスピーキングも同様です。

文字で伝えるか、言葉で使えるのか違いが
あるだけで、それほど大きな違いはありません。


ただ、どちらにも共通するのが、
この『相手の現実とのリンク』です。


人は、新しいことを、なかなか
理解することができません。

しかし、その新しい概念を伝えなければ、
あなたの商品を買ってもらうことができません。

その溝を埋めるのが、コピーライティングです。


ただ、リンクさせるといっても
具体的に何をすればいいのか
よく分からないと思います。


そこで、

一番分かりやすい方法は、

「例え話」です。


では、なぜ例え話がいいのかというと、
難しい話を誰もが分かる形で伝えること
ができるからです。


あなたも経験あると思いますが、
例え話を余計に難しくする人など
いません。

相手が分かる言葉で相手の現実に
あった話をするはずです。

これが、コピーライティングにも
使えるのです。


人は、自分の知っている言葉や
内容をスムーズに受け止めます。

ただ、このままだと、あなたの
考えや主張は伝わりません。

そこで、この例え話を通じて、
あなたの主張に引き込む必要が
あるのです。


これが、天才と呼ばれる
コピーライターは得意です。


ですので、もし、あなたが商品が
売れないだったり、相手が何を考え
ているのかが分からないという場合、

自分の言いたいことをただいうのではなく
もう一度、相手の中にある言葉・単語・言い回し
そして、見込み客の現実を知ってください。


相手があなたにあわせることを
考えている間は商品は売れません。

あなたが、相手の現実に入り込み
自分の世界とリンクさせることで
はじめてあなたの話を聞く体制が
整えることができます。


ですので、

もしあなたがコピーライティングで
売上を上げたいと思うのであれば、
テクニックではなく相手の現実を
調査しとことん知ることです。

そこさえずらさなければ、
文章だけで売上を上げることが
できるようになります。

メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。


========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://canyon-ex.jp/fx2165/Txrh2m
========================