営業せずに売り上げを上げる秘策(REMSLILA:船ヶ山哲)

 

こんにちは、船ヶ山です。

あなたは、営業せずに売り上げを
上げたいと思うことはないでしょうか?

「そんなことできるの?」
「それって詐欺ですか?」
「できることなら是非!」

というように、

色々な意見があると思いますが、
実は営業せずに売り上げをあげる
秘策というものがあります。

まあ、秘策というと少し大げさですが、
営業せずに売り上げることは可能です。

ただ、

その秘策を話す前に僕が、この秘策を
学ぶきっかけとなった出来事からお話し
していきます。

その出来事とは、

新卒で入社した会社に遡ります。

当時、入社した会社は、高額な掃除機を
販売している訪問販売の会社で毎日暴力
が絶えないブラック企業でした。

この会社は、完全実力主義。

壁には、売り上げを示すグラフがあり
朝礼では、売れたもの順に列を並び

成績=上下関係

を見せつける会社だったのです。

もちろん、

これはこの会社のやり方なので、
別に批判するつもりはありません。

ただ、当時の僕は、

ノルマノルマノルマという毎日に
嫌気がさしてしまったのです。

売れれば殿様扱いで、午前中に
帰ることができます。

が、

朝起きると平民に戻り、またノルマに
追われる日々に逆戻りです。

これでは気が1秒たりとも休まりません。

しかも、

これで、お客様が喜んで商品を使って
くれていたのであれば、まだ良かった
のですが、

その後、訪問をすると、押入れの奥に
邪魔扱いされ追いやられたかのように
掃除機が押し込まれているのです。

これを見たときに、僕の気力の糸は
パッツンと音を立てて切れてしまい
ました。

そして、逃げるように退社しました。

・・・

今考えると、暴力やブラック企業という
ことは問題ではありますが、

それ以外の部分でいえば、営業マンが
商品を販売し、売り上げを上げるのは
当然のことです。

しかし、

当時の僕には、そのノルマの重圧が
耐えれなかったのです。

それもそのはず、

それまで学生時代は、ノルマとは
縁のない飲食店などのサービス業で
バイトする生活だったからです。

とは言え、

ビジネスを行う以上、売り上げを
上げなければ倒産してしまいます。

それがどんな形であってもです。

ただ、僕はこの経験を通し、営業と
いうものが、嫌いになってしまった
のです。

もちろん、

営業職をやめて事務職やサービス業で
働くという選択もありました。

が、

この時の僕は、なぜか起業に憧れて
いたため、

商品を何らかの形で売ることが
できないかと考えていたのです。

そんな折に出会ったのが、今回の秘策です。

この秘策については、

少し長くなってしまったので、
次回のメールでお話ししていきます。

 

メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。
========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://canyon-ex.jp/fx2165/Txrh2m
========================