商品が売れない「まさか」の理由(REMSLILA:船ヶ山 哲)

こんにちは、船ヶ山です。

先日、面白い相談がありました。

情熱ある素晴らしい商品に出会い
ホームページを作ったのですが、

お客さんが全然こないので、
「どこが悪いのかを見て欲しい」と
いうのです。

当然のことならが、修正する箇所は
色々あったのですが、

一番、肝心な部分を、この方が
見過ごしていないか心配になったので

その真意を確かめるべく修正箇所を
伝える前に、

「どうやって、このホームページを
 宣伝していますか?」

と、僕は質問したのです。

すると、

「何ですか?それは」といった具合で

ポカンと口をあけ「宣伝?」と
その方は答えたのです。

「こいつバカか」と思う人もいるかも
しれませんが、ネットで商売を考えて
いる大半の人は、

このような過ちを犯していることに
気づけていません。

そして、

ホームページを作りさえすれば、
何もしなくてもお客さんがくると
思っているのです。

これは店舗をやっている方も同じ
なのですが、

店舗には、広告費がかかりません。

が、

そもそも「いい場所=宣伝」だと
いうことです。

しかし宣伝という概念がない人は、

「私は宣伝費をこれまで一切
 かけたことがありません」

と威張るのですが、

場所代が広告費を含んでいることに
気づいていないだけなのです。

ただ、このようなことはスタート時
だけに起きることではありません。

先日も似たようなことがありました。

今まで売れていた商品が、最近は、
「まったく売れない」というのです。

そして、この方も同じように

「ホームページを見ていただけますか」

という相談をしてきたのです。

これまでの経緯やお客様が来ていた
キーワードを聞き、調べてみると、

単に、順位が落ちていて競合他社に
お客が流れているだけだったのです。

ようは、

「ホームページ自体見られていない」

ということです。

そうです。

ホームページの中身以前の問題だった

のです。

このようにインターネットの出現で
誰でも簡単にビジネスができる時代
になりました。

しかし、

ホームページを作ればビジネスが
スタートするということではなく

お客様の目に触れて始めて存在を
知ってもらうことができるという
ことです。

ただ、これは逆に言えば、

上手に広告などを使い宣伝すること
ができれば、日本にいる必要もない
ということです。

それを可能にしてくれるのが
インターネットでありホームページです。

しかし、ネットを使う場合、
集客がビジネスの肝となります。

とは言え、

集客というのは、労力をかけるか
広告費をかけるかしかありません。

ただ、このように言うと、

お金はかけれませんという人がいますが、
労力は、あなたの時給を奪い去ります。

もちろん、

あなたが価値の低い安い人間であれば、
それもありかもしれませんが、

「自分は価値のある時給の高い人間です」

というのであれば、労力や独学に
頼るようなバカは止めることです。

ビジネスは「投資」です。

・お金
・知識
・経験
・スキル
・実績
・信頼

投資のできない人間がビジネスで
成功することなどありえませんので、

成功したいと心から望むのであれば
積極的にガンガン投資してください。

その1つ1つの投資が芽を出す頃、
受け取りきれないほどの大金が
あなたの元に流れ込んできます。


メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。

========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://canyon-ex.jp/fx2165/Txrh2m
========================