勝手な解釈は死を招く(REMSLILA:船ヶ山 哲)

こんにちは、船ヶ山です。

あなたはドイツ最高峰の
ツークシュピッツェを
ご存知ですか?


僕は、ある起業家さんとの
対談を行うためにドイツの
ミュンヘンに行ってきたのですが、

その前に少し空きの日程があったので
そのツークシュピッツェに行くことにしました。


今回のお話は、そこでの体験をお話しします。

そして、その体験は、一歩間違えたら、
死を招く出来事だったのです。


では、その出来事とは、

山頂にある展望台には、
金の十字架があるのですが、
そこは、断崖絶壁で、
まさにクリフハンガーの世界。

雪と崖と、ワイヤーだけの
非常に危険な場所だったのです。


しかも、看板には生命の危険あり
(事故があっても自己責任)
との表示板があるほど。


しかし、僕は、旅行の思い出にと、
迷わず行くことにしました。

距離にして、200mほどだったので、
雨に濡れながらチャレンジしたのです。


チャレンジして間もなくある
親子が断崖を苦戦していたので、
先に行かせてもらうことにしました。


しかし、


この行為が、その後、僕を死の
危険にさらすことになるのです。


ここは、金の十字架に行く目的と
クリフハンガーを行うような人が
下山するための行き先が、
二手に分かれていたのです。


そして、僕は災難にも、この親子を
通り越えた場所が、この下山者コース
への分かれ道だったのです。

当然、金の十字架からは
ドンドン離れていきます。


しかし、分かれ道があったこと
を知らない僕は、ぐるりと回り、
金の十字架に行くのだと
思い込んでしまったのです。


しかし、どうも離れすぎている。

おかしい。

ただ、ワイヤーは存在する。


ということは、必ず行ける。

との思いで、更に雪の崖を
下っていったのです。


霧で先がほとんど見えず、
雪と雨の最悪な環境。

そのせいで、

他には誰も挑戦していない。


その時、ビジネスに似ている。

これは、試練だ。

と、勝手に思ってしまったのです。

そして、更に下っていったのです。


ただ、恐怖が同時に襲いました。
周りには、誰もいない。
金の十字架からは、かなり離れている。


そこで、気づきました。
まずい、危険だと。


急いで戻ったのです。

今後は、断崖を登らなければ戻れません。

しかし、戻らなければ、
今僕が落ちても誰も気づかない。


やっとの思いで、十字架の位置まで戻りました。

そこで、はじめて気づいたのです。
二手に分かれるワイヤーがあったことに。


そう、勝手な思い込みが、
そのワイヤーを見過ごしていたのです。

その後、元々目的としていた、
金の十字架を触り、戻りました。


実は、この話をしたのは、
あたなも同じようなことをしている
可能性があるからです。


それは、勝手な思い込みで、
まったく目的とは違う断崖絶壁に
自ら進んで行っているということです。


「独学・勝手な解釈」


これは、本当に危険です。

途中で気づけば、時間やお金を
無駄するだけで戻れますが、
気づかなければ、死が待っています。


だから、危険が迫る前に、
必ず、その分野の経験者に
相談してください。


そうすれば、早い段階で道が
ずれていることに気づけるはずです。


もし、なかなか結果が出ていない
としたら、もしかしたら、

勝手な解釈で間違った道を
進んでいるかもしれません。


死に遭遇する前に、
一度、その取り組みを
見直してください。

 

メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。


========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://canyon-ex.jp/fx2165/Txrh2m
========================