儲からない人が陥る罠(REMSLILA:船ヶ山 哲)

こんにちは、船ヶ山です。

儲からない人には、ある共通点があります。

それは、

儲かることではなくやりたいことを
選択してしまうことです。

その典型例は、

定年後、退職金を使って夫婦で飲食店を
始めるとか自宅を改装し雑貨屋を始める
といった具合です。

もちろん、

そこに市場が存在し、儲かっている人が
いれば別ですが、

儲からない人は、そういったことを調べる
ことなく誠心誠意熱意を持って取り組めば
買ってもらえると誤解してしまうのです。

ただ、

これは、あなたが逆の立場で考えた場合
分かると思いますが、

いらないものをいくら熱弁を振るわれた
ところで、買うことはないと思います。

これは、お客様も同じです。

あなたの趣味に付き合う余分なお金など
お客様にはないのです。


では、何を基準にビジネスを選べばいいのか?

それは、

自分の戦う市場で、すでに儲かっている人が
いるかどうかです。

ここが、ポイントです。

仮に、その市場で年収1億円の人がいる場合、
あなたも、やり方次第では、そこまではいく
ことができます。

が、

その市場にいる人たちが全員苦労しカツカツ
状態であれば、あなたが意を決して参入した
ところでカツカツになるのは目に見えています。

これはビジネスだけでなく、スポーツでも
同じようなことがあります。

昔、100m走を10秒切って走ることは
奇跡と言われていましたが、

カール・ルイスが、初めて10秒を切った
ことで、次々と10秒を切る選手が増えた
のです。

このように、初めの1人になるというのは
「世界で1人いるかどうか」となりますが、

逆に言えば、

1人でもいれば、間違いなく、そこまでは
行けるという目安でもありますので、

まずは「目安となる人を探すこと」です。

だから、

今後、何かビジネスを行う際には、まずは
やりたいことを優先するよりも儲かること
の中からやりたいことを選択してください。

なぜなら、

儲からないことを続けていくと、好きな
ことであっても嫌いになってしまいます。

が、

儲かることを行えば成果を実感できるので
ドンドン好きになることができます。

 

メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。


========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://canyon-ex.jp/fx2165/Txrh2m
========================