何のためのビジネスですか?

 

こんにちは、船ヶ山です。

サラリーマンの生涯年収は、
2〜3億円と言われています。

これは企業規模や役職によって
多少の前後はありますが、

年収1000万円を目指し

ひたすら40年近く働いて
3億円が上限となるのが
サラリーマンの生き方です。

とは言え、

彼れが、不幸なのかというと
そんなことはなく数千万円する
自宅を購入し、

楽しく人生を謳歌しています。

そんな中、起業家となると、
人によっては、この生涯年収を
わずか1年で稼ぐ人も出てきます。

僕もその1人ではありますが、

お金以外の目的を持たなければ、
行き先を見失ってしまうのが
起業家の生き方です。

ちなみに僕の場合、お金以外で
何を目的としたのかというと、

================
将来、子供が手にする可能性です。
================

ここが、サラリーマンと起業家の違いです。

正直、お金だけを考えれば、
今のままで十分なのかもしれません。

しかし子供の将来までを考えると、
とても十分とは思えませんし、

むしろ、まだまだと思えるほどです。

なぜなら、

起業家の場合、これまで培ったリソースを
子供にすべて継承することができるため
自分の代から子供の可能性を積み上げて
あげることができます。

このように考えると、僕も人の親となって
子供の可能性に上限を決めたくありませんし、

上限知らずの可能性を親として
プレゼントしたいと考えています。

これが、僕が考えるお金以外の
頑張る原動力であり、目的です。

お金は確かに大切で必要なものです。

しかしビジネスを総合的に考えると
お金はもっとも低い価値と言えます。

これは、他の価値と比べれば一目瞭然です。

例えば、信頼ある顧客リスト。

これさえ持っていれば、何らかの
商品を提案すれば、即座にお金を
生み出すことはできますし、

銀行口座を満たすこともきでます。

その一方で、

お金は武器として考えれば
確かに即効性はありますが、

使えばなくなってしまうのと
本当の価値(人脈や信頼)は
お金で買えないということです。

このように、お金だけで考えてしまうと
諸刃の剣となり、子供の未来までもダメに
する可能性がありますが、

沢山の価値を構築しておいてあげれば
子供に代を引き継いだ際に、もっと
可能性ある大きなビジネスを展開して
くれると信じていますので、

僕は、今頑張ることができるとと
いうことです。

これが今僕が今最もやりたいことであり
生涯かけた挑戦(夢)でもあります。

だから僕は今の売り上げに満足する
ことなく走り続けることができますし
もっとやりたいと思っています。

この観点を踏まえ考えた場合、
あなたは何のためにビジネスを
行っていますか?

この真意に出会った頃、
あなたの底力は発揮されます。

 

メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。
========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://remslila.co.jp/mail
========================

第9弾書籍「まだ間に合う! 定年までに複数収入をつくる「お金革命」
https://www.amazon.co.jp/dp/4866630965

第8弾書籍「会社を辞めずに収入を月50万円増やす! 」
https://www.amazon.co.jp/dp/4087861155/

第7弾書籍「武器としてのビジネススキル」
http://amzn.asia/d/6Fpu6Fs

第6弾書籍「自由とお金をもたらす最速の稼ぎ方」
http://www.adw-zion.com/amazon6/

第5弾書籍「洞察のススメ」
http://amzn.asia/guRnFw4

第4弾書籍「超・起業思考」
http://www.adw-zion.com/amazon4/

第3弾書籍「稼ぎたければ、捨てなさい」
http://www.adw-zion.com/amazon3/

第2弾書籍「大富豪から学んだ世界最強の儲かる教え」
http://www.adw-zion.com/daifugou_amazon/index.html

第1弾書籍「売り込まずにお客が殺到するネット集客法」
http://www.adw-zion.com/amazon/amazon.html

雑誌「LEON」WEB連載
https://www.leon.jp/series/series21

雑誌「THE21」連載
https://shuchi.php.co.jp/the21/detail/4708

船ヶ山哲のyoutubeマイチャンネル
https://remslila.co.jp/youtube/

船ヶ山哲のFaceBook
https://remslila.co.jp/facebook/

船ヶ山哲のTwitter
https://twitter.com/remslila

 

===================
株式会社REMSLILA
URL:https://www.remslila.co.jp
MAIL:info@remslila.co.jp
===================