一瞬でお客様を味方につける方法(REMSLILA:船ヶ山 哲)

「一瞬でお客様を味方につける方法」
というタイトルをきいてあなたは
何を想像しましたか?

共感させる?

それとも、すごい実績を語る?

それとも、画期的な商品を見せる?

もちろん、これらも有効かもしません。

ただ、それ以上に、お客様を一瞬で
味方につけたければ、

『敵』を設定することです。


どういうことか、もう少し説明します。

例えば、政治などでこの手法は
多く用いられているのですが、

自分の意見を主張する前に相反する
意見に対し、

必ずデーターや証拠を突きつけてから
話をしていることに気づくはずです。

ただ、この時、注意する点は、

自分の言葉で反論せずにデーターや
公共機関の証拠をただ提示することです。

では、

なぜこのようなことをするのかというと、

自分の考えるいい主張は相手にとって
いい話であるとは限らないからです。

当然、相手にも言い分があり、
それぞれ自分の主張を通したいと
考えています。

だから、正面切って正論をぶつけても
誰も聞いてくれることさえありません。

ただ、これは何か大きな問題が起きた
時にも使われます。

普通で考えれば、何か粗相をすれば
その標的は自分に来ます。

言ってみれば、1対多という関係です。

しかし、

その的が、自分以外にあったとしたら
どうでしょうか?

しかも、その問題の方が大きいとしたら。

考えるまもなく、一気にその注目は、
その大きな的に向けられます。

このように、敵とは『摩擦』です。

そして、

人は、この摩擦が起きていることに対し
関心があり、興味を抱いてしまいます。

ただ、これは、お客様だけでなく
社員や家族にも使えるテクニックです。

例えば、

社員のミスでお客様が離れて行った
時にも使えます。

この場合、どうするのかというと、
競合他社を敵に設定し、その競合だけ
には、「負けないように頑張ろう」と
一言いうことです。

このように、外に敵を設定することで、
社員は一致団結し底力を発揮することに
繋がります。

もし、あなたがお客様との共感を
生み出したければ、相手の趣味のこと
などあれこれ考える必要はありません。

簡単です。

相手が感じているフラストレーションを
「敵に設定」すればいいだけです。

それだけで、

あなたとの間に一致団結心が
生まれ共感を得ることができます。

その為にあなたがすることは
たった1つ。

相手が今信じていることで尚且つ
フラストレーションに感じている
ことを知ることです。

ただ、

ここで間違えてはいけないのは、
あなたのフラストレーションを
相手に押し付けることではありません。

必ず、相手基準で考えて下さい。

この視点を持てば、お客様だけでなく
家族の共感を得ることができます。

あと、最後に共感を得るコツとしては、
自分のやりたいことと相手のメリットを
リンクさせることも忘れないことです。

「俺は豪邸に住みたい、みんな頑張れ」ではなく
「みんなにも沢山のボーナスをあげたいから頑張ろう!」

このように言うことです。

メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。


========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://canyon-ex.jp/fx2165/Txrh2m
========================