マレーシアに移住したきっかけ(REMSLILA:船ヶ山 哲)

こんにちは、船ヶ山です。

前回は、村上さんとのJVをする
きっかけについてお話ししました。

本日は、

マレーシアに移住するようになった
きっかけについてお話ししていきます。


ネット起業家は、成功すると海外に
進出するのですが、その多くは税金
対策として拠点を海外に移動させます。

もちろんコンサルと言うのは、90%
以上が利益なので、その大半を税金で
持って行かれます。

しかし、

僕は、税金よりも子供の教育を優先した
のです。

その理由は、

起業した時に5年後の夢を決めました。

5年後:海外でオーナービジネスを行う

というものです。

当然、海外でビジネスを行うと言うことは
子供に英語を覚えさせる必要があります。

しかし、

無理くり英語を教えたところで話せないと
分かっていたので、長男が1歳半の時から
日本のインターナショナルに入れることに
したのです。

ただ、

入学させてみて分かったことが
1つあります。

それは、

学校内で、日本語を使ってしまうので、
なかなか英語を覚えないと言うことが
分かったのです。

正直、環境には勝てないと感じたので
色々な学校を移り変わり様子をみること
にしました。

が、

やはりどの学校に行っても、さほど
かわりません。

そんな時、

妻がマレーシアの「教育移住セミナー」
を偶然見つけたのです。

始めは興味本位で参加したのですが、
妻は一度決めたら後先考えないタイプ
なので、1ヶ月も経たないうちに
マレーシアに行くと言い出したのです。

当然、僕としては起業して1年だった
ので、不安の方が先行したのですが、
言い出したら止まりません。

あれよあれよと言う間に、

何も決めることなく2人の子供を連れて
マレーシアに行ってしまったのです。

それからが、大変です。

まずは、お金。

始め聞いていた金額の約3倍のお金が
かかります。

理由は、

2人の子供をインターに入れ、塾に通わせ、
安全のために高級コンドミニアムに住んで
いたら、

半年に一度まとめてお金を渡すだけでは
足りずに、2週間に一度、何十万も追加
しなければいけなくなったのです。

しかも、

僕は、日本の企業を相手にビジネスを
行っているので事務所は日本にあります。

とは言え、

子供と出来るだけ一緒にいたいので、
2週間に一度はマレーシアに戻ります。

当然、航空券が安くなったとは言え、
数を重ねればかなりの金額です。

しかし、

行かなければ子供と会えなくなります。

これも、僕がお金を稼ぐ動機になりました。

ただ、

この2週間と言う期間が、逆に功を奏し
ました。

その理由は、

僕が、稼ぎ続けている理由に繋がって
来ますので、次回詳しくお話して行きます。

楽しみにしていて下さい。

 

メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。
 

========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://canyon-ex.jp/fx2165/Txrh2m
========================