ノウハウがあっても稼げない理由

こんにちは、船ヶ山です。

世の中には、ノウハウを沢山学び、
自分の知識に自信を持っている人が
多くいます。 

しかし、

どんなに学んでも稼げない人がいる中
学ぶ期間は短いのに、短期間で現金を
得てしまう人がいます。


では、何がその差を生むのか?

いくつか理由はあるのですが、
今回は、その中でも大きく影響する
2つをお話しします。

==============
教材で学び解釈がズレている
==============

ノウハウコレクターと呼ばれる
人に共通するのが、教材だけで
解決しようと考えていることです。

もっといえば、この教材さえ
あれば、いつでも稼げると思い
安心してしまっているケースも
あります。

しかし、

教材には、弱点があります。

それは、読み手によって解釈が
異なるということです。

これは、その人のステージに
よっても変わります。

当然、教材なので、書いてある
ことが変わることはありません。

しかし、1回目では気づけなかった
ことが、2回目、3回目、10回目
では気づけなかった

解釈のズレ(誤差)が、回数を重ねる
ことで、小さくなってきます。

成功は、ノウハウだけでは手に入れる
ことはできず、様々な複数要因があり、
それが重なった段階で成功が表面化します。


<解決策>
教材を沢山買ってもなかなか成果が
出ない人は、解釈がズレていないかを
常に確認してくれる先生に直接指導を
受けることをお勧めします。

先生を選ぶポイントは、2つ。
「自分との相性」と
「理想をすでに手にしている人」

これが目安となります。


==============
スキルがあっても稼げない理由
==============

これまでに、テクニックも覚えたし
ある程度、実践し、スキルも身に
付いてきた。

しかし、

どうも思うように稼げない。
と言う人がいます。

このような人に欠けているものは
ノウハウでもテクニックでもなく
「アプローチの数」です。

言い換えれば、
「見込み客リストの数」とも言えます。


ノウハウは、最低限のスキルが
ついてしまえば、あとは実践する
だけです。

しかし、実践するにあたっても
アプローチ先がなければ、
どんなにいい商品を持っていても
販売することができません。


これでは、宝の持ち腐れです。

では、どのように見込み客
リストを集めるのか。

これは、簡単です。

まずは、小さくていいので
「広告」を使うことです。


スキルがついてもブレイク
できない人は、いつまでも
労力でどうにかしようとします。

当然、労力を使いリストを集める
場合、お金はかかりませんが
その分、時間がかかります。


しかし、広告を使えば、一瞬で
見込み客を集めることが出来、
アプローチすることができます。

そこで、赤字にならず収益を
出すことが出来れば、広告範囲を
拡大して行けばいいだけです。

ただ、この時、広告負けし赤字に
なったとしたら、まだスキルが不足
している可能性がありますので、
その不足分を補うことです。


<解決策>
小さく広告し、今の自分のスキルを
確かめ、収益が上がれば拡大し、
赤字になれば、不足しているスキルを
明確にし、補うことです。

 

 

メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。
========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://canyon-ex.jp/fx2165/Txrh2m
========================

第6弾書籍「自由とお金をもたらす最速の稼ぎ方」
http://www.adw-zion.com/amazon6/

第5弾書籍「洞察のススメ」
http://amzn.asia/guRnFw4

第4弾書籍「超・起業思考」
http://www.adw-zion.com/amazon4/

第3弾書籍「稼ぎたければ、捨てなさい」
http://www.adw-zion.com/amazon3/

第2弾書籍「大富豪から学んだ世界最強の儲かる教え」
http://www.adw-zion.com/daifugou_amazon/index.html

第1弾書籍「売り込まずにお客が殺到するネット集客法」
http://www.adw-zion.com/amazon/amazon.html

船ヶ山哲のyoutubeマイチャンネル
https://remslila.co.jp/youtube/

船ヶ山哲のFaceBook
https://remslila.co.jp/facebook/

雑誌「THE21」連載
https://shuchi.php.co.jp/the21/detail/4708

===================
株式会社REMSLILA
URL:https://www.remslila.co.jp
MAIL:info@remslila.co.jp
===================