セールスを忘れるな!


こんにちは、船ヶ山です。

我々の仕事は、常に集客にすること
でありセールスすることです。

このビジネスマンとして当たり前の
ことから逃げ出してしまうと、

あなたの半年後は、悲惨なものとなります。

・お客を探しても、どこにいるのか分からず
・セールスしたくとも対象すら見当たらない

これでは、あなたの貯金は減る一方で
このままでは再就職するかアルバイト
生活を余儀なくされてしまいます。

これでは、何のための起業だったのか?
分かったものではありませんし、

サラリーマンに戻るぐらいなら
死んだ方がマシです。

なぜなら、

一度、拘束から解放された生活に
慣れてしまうと、誰かに使われる
生活に戻ることができないからです。

とは言え、

そうはいっても収入がなければ
生活することすらできないので、

そんなことも言ってられないわけですが、、、、

それを避けるために何をすればいいのか?
というと、

冒頭でも言った方に集客とセールスを
1秒たりとも忘れないことです。

そこさえ抑えておけば、あなたの
未来は常に安定し、お金が入り続ける
人生を保ち続けることができます。

それだけ、この集客とセールスは大切で
欠かせない必須要件でもあるわけです。

しかし、

なぜ、多くの人は、集客を怠って
しまうのかというと、

労力で何とかしようと考えている
ということと

集客とセールスをごっちゃに考えて
いるということが問題です。

集客は、お客になる可能性のある人を
集める行為であって、商品を買う人を
いきなり集める必要はありません。

そこを勘違いしてしまうと、効率は
逆に下がりノルマに追われる生活から
抜け出すことはできません。

しかし集客は、

「見込みある人を集める行為」

と割り切ることができれば、

一切のストレスを感じることなく
かつ広告を活用することで自分が
動かずとも集めることができます。

次に、セールスについてですが、
商品を売ることではありません。

ここを間違えると成約はいつまで
経っても取れません。

なぜならセールスとは、願望や悩みを
解消する策として、商品を指し示し
選択してもらう行為だからです。

だから、

ここでは、売るというよりは
選んでもらうという方が適切な
表現かもしれません。

ですので、無理に商品を売らずとも
お金を得ることは、さほど難しい
ことではありませんので、

この集客とセールスの重要性を
再度確認し、あなたの未来について
少し考えてみてください。

それだけで、あなたの未来は
確固たる安心と継続が約束されます。

 

メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。
========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://canyon-ex.jp/fx2165/Txrh2m
========================

第9弾書籍「まだ間に合う! 定年までに複数収入をつくる「お金革命」
https://www.amazon.co.jp/dp/4866630965

第8弾書籍「会社を辞めずに収入を月50万円増やす! 」
https://www.amazon.co.jp/dp/4087861155/

第7弾書籍「武器としてのビジネススキル」
http://amzn.asia/d/6Fpu6Fs

第6弾書籍「自由とお金をもたらす最速の稼ぎ方」
http://www.adw-zion.com/amazon6/

第5弾書籍「洞察のススメ」
http://amzn.asia/guRnFw4

第4弾書籍「超・起業思考」
http://www.adw-zion.com/amazon4/

第3弾書籍「稼ぎたければ、捨てなさい」
http://www.adw-zion.com/amazon3/

第2弾書籍「大富豪から学んだ世界最強の儲かる教え」
http://www.adw-zion.com/daifugou_amazon/index.html

第1弾書籍「売り込まずにお客が殺到するネット集客法」
http://www.adw-zion.com/amazon/amazon.html

雑誌「LEON」WEB連載
https://www.leon.jp/series/series21

雑誌「THE21」連載
https://shuchi.php.co.jp/the21/detail/4708

船ヶ山哲のyoutubeマイチャンネル
https://remslila.co.jp/youtube/

船ヶ山哲のFaceBook
https://remslila.co.jp/facebook/

船ヶ山哲のTwitter
https://twitter.com/remslila

 

===================
株式会社REMSLILA
URL:https://www.remslila.co.jp
MAIL:info@remslila.co.jp
===================