ケチるは損失の発生源(REMSLILA:船ヶ山 哲)

こんにちは、船ヶ山です。

先日、祖母の誕生日という
ことで田舎に行きました。

その際、以前にプレゼントした
腕時計が電池切れで動かないと
いうことだったので、

電池交換をすることにしました。

ただ、

腕時計を見ると自分でも簡単に
交換できそうだったので時計の
裏蓋を開け電池を取り出し、

電池を片手に時計屋さんに
向かいました。

そこでの電池代は、500円。

無事、電池は購入することが
できたので、

急いで家に戻り、電池を交換し
裏蓋を閉めることに・・・

しかし、

一向に閉まる気配すらありません。

思い切り指で押し込んでも
蓋が閉まりません。

そこで、肩鎚を使い軽く叩くも
これまた閉まりません。

正直、軽く放心状態です。

とは言え、

帰りの新幹線の時間も迫っていた
ので仕方なく先ほど電池を買った
時計屋さんにSOSを出すべく
もう一度、お店に向かいました。

その店主に渡すと、裏蓋が少し
曲がっていることが発覚。

おそらく金槌を使ったのが原因です。

しかし、

そんなことは、恥ずかしくて言えずに
店主に蓋閉め作業をお願いすることに。

そこで待つこと約5分。

その店主は、曲がった裏蓋を補正し
無事蓋を閉めることに成功。

そこで提示された金額は、250円。

通常、電池交換は750円なので、
先ほどの電池代を引いた額250円
だけもらえればいいというのです。

しかし、

僕は、祖母の大切な時計を直して
もらったので「もう少し払います」
といたのですが、受け取ってくれ
なかったので、

後日、菓子折りを持ってお礼を
しにいきました。

ただ、

このようなことは、ビジネスの
世界にも頻繁に起こります。

傍目から見たら素人でもできる
簡単な作業であっても、

難しいものは沢山存在します。

そして、今回のケースは、

始めからプロにお任せすれば、
750円で済んだものが、

2時間という時間のロスを
生み出してしまったのです。

ただ今回は、

時間の関係で、すぐにプロに
SOS出したので、これだけの
損失ですみましたが、

下手に粘っていたら時間だけ
でなくガラスまでも割っていた
かもしれないのです。

ただ今回のような

「自分にもできる」と過信した
気持ちは損失を生み出し無駄な
時間とお金を使う羽目となり
ますので、

自分の能力を過信することなく
プロにお願いしたほうが結果、
安く済むということも往々に
ありますので、

独学は損失の発生源という
ことを忘れないでください。

独学は自分で行う分、一見安く
済みそうな気がするのですが、

実は、見えないところで大きな
損失を生み出していることも
ありますので、

知ったかぶりしケチって独学で
行うのではなくプロに相談して
ください。

なぜなら、

どの分野にもプロは存在し
素人には見えない経験と知識
スキルを持っているからです。


メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。

========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://canyon-ex.jp/fx2165/Txrh2m
========================