エセを信じた悲劇(REMSLILA:船ヶ山哲)

 

こんにちは、船ヶ山です。

世の中には、専門家の仮面を被った
「偽者」がいます。

しかし、多くの人は、

その偽物の見分け方が分からず
悲しみの涙と共に苦しみの悲劇に
枕を涙で濡らしています。

先日も、その悲劇に巻き込まれた
被害者がいました。

この彼女はパートナーとの関係がこじれ
仲を取り戻すために、カウンセラーに
心の内を打ち明けました。

そこで受けたアドバイスは、

相手が言ったことに対し
「笑え」というものです。

その理由と意図は何かと言うと、

言われたことに対し、笑うことで
それ以上、自分が傷つくことなく
救われるというのです。

しかし、現実はどうだったのか?

というと、

相手が言う発言に対して笑ったため
逆に相手を怒らせ「破局する」という
最悪の直面に遭遇してしまったのです。

これは普通に考えれば分かりますが、

仲がこじれているときというのは
四六時中、相手は怒っている状態です。

そんな神経がピリピリしている状態の時に
相手が言ったことに対し笑ったらどうなるか?

間違いなく油を注ぎ、相手を余計に
怒らせてしまいます。

これは小学生でも分かることです。

しかし世の中には、実践経験のない
似非カウンセラーは山のようにいます。

そして、そういった偽物は、

精神的に疲れ切った情報弱者を騙しては
素知らぬ顔でさらなる悲劇に罠を仕掛けて
くるのです。

しかし、それで悲しむのは相談者であり
その問題に関わる、すべての人なのです。

だから、相談する相手を探す際には
慎重かつ注意深く選び、本物の専門家を
厳選して選ぶようにしなければいけません。

そこを無視してしまうと、

人生を改善し良くするどころか
さらなる悲劇を引き起こし破局するという
最悪の局面を迎えてしまうので注意が必要です。

ちなみに本物の専門家の見分け方はというと、

「客観的に事実が複数あるかどうか」

です。

ここでのポイントは、

・客観的事実(自社評価ではない)
・複数あるかどうか(単一ではない)

ということです。

なぜなら、

自社評価のものやお金で変える実績と
いうものは、1円の価値もなく幻想を
さも本当かのように作り出すことが
できるからです。

だから、

「客観的に事実が複数あるかどうか」

ということは非常に大切であり

それは、

・お客様からの感謝の声
・公的機関からの表彰

などで判断することができます。

 

メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。
========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://canyon-ex.jp/fx2165/Txrh2m
========================