お金に好かれる人×嫌われる人(REMSLILA:船ヶ山 哲)

こんにちは、船ヶ山です。

世の中には、
お金に好かれる人と嫌われる人がいます。

これは、その人のお金の使い方を見れば、
すぐに分かります。


お金に好かれない人は、とにかく
払うことも受取ることも下手です。

しかし、お金に好かれる人は、
払うのも受取ることも得意です。

これは、お金を持っている
持っていないということでは
ありません。

お金を稼ぐ人は、お金がない
段階から、払うことに対して、
躊躇がありません。

ただ、これは、何でもかんでも
躊躇なしにということではなく、
意味のないものにはどちらかと
いうとケチなほどです。


また、面白いのが、

お金を稼ぐ人は、目の前のものに
対してお金を払っているのではなく
投資で物事を考えていることです。


分かりやすく説明するために
参考例を出します。

2人の起業家がいたとします。

この2人は、お金がなく
起業したばかりです。

そんな時、有名起業家にアポがとれ
話しを聞くチャンスを得ることが
でき、ランチに行きました。


この時、Aさんは、先輩の分まで支払い
一方、Bさんは、おごってもらいました。


もし、あなたが、この先輩起業家であれば、
2回目どちらと会うでしょうか?

おそらくAさんだと思います。


ここでのポイントは、このAさんは、
ランチ代を払っているのではありません。

先輩の話しにお金を払っている
ということです。


この考えが分かるようになると
お金を増やして行くことができます。


しかし、お金に嫌われる人は、
常に奪うことを考えています。

ただ、お金には、流れがあります。

「入る流れと出て行く流れ」です。

お金は水と同じです。

上流から流れ、下流に流して行く。

このようにお金も使う場所と
受取る場所さえ分かっていれば、
お金を受け取ることができます。


ただ、お金に嫌われる人は、
今、手元にあるお金に執着し
お金の流れを塞き止めようと
考えてしまいます。


しかし、執着している間は、
そのお金は増えることはありません。


もちろん、消費で使えばなくなりますが、
常に投資で考えれば増やすことが出来ます。


ただ、ここでいう投資というのは、
株とか不動産ということではなく、
スキルや人脈に対する投資ということです。


僕が、どうして、まったく人脈がない
にも拘らず、業界のTOPの先輩起業家と
会えるのかと言うと、今回の考えを常に
持っているからです。


お金持ちは、会う人を選びます。

もちろん、忙しいということも
ありますが、

自分にとっての悪影響にならないか
を懸念するからです。


ただ、多くの人は、お金持ちが
おごるのが当然という考えです。

しかし、考えれば分かると思いますが、

どうして、悪影響を与えるかもしれない
分からない人に対し、おごらなくては
行けないのかと思うはずです。


だから、僕は、先輩起業家に会う時は、
特に気を使います。

なぜなら、人脈はお金では買えないからです。

逆に言うと、お金で買える人脈は
それだけ価値が低いとも言えます。


では、今後あなたが、お金に好かれる
には、どうしたらいいのかというと、

まずは、投資する概念を忘れずに、
支払い上手になることです。

その際、闇雲に使っては行けません。

消費視点では、ケチになり、
投資視点では、大胆に使うことです。


そして、

常にお金の流れも意識してください。

もし、キャパを広げる前に受取れば
水は溢れ崩壊するだけなので、
受取る器を大きくする努力も
忘れないことです。

メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。


========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://canyon-ex.jp/fx2165/Txrh2m
========================