いい商品が売れない理由(REMSLILA:船ヶ山哲)

 

こんにちは、船ヶ山です。

まだ無駄な努力続けますか?

僕は、無駄が一番嫌いです。

なぜなら、

「時間=命を削る行為」

でもあるからです。

しかしお金を稼ぐことが下手な貧乏人は
すぐに時間や労力をお金に変えることを
考えてしまいますが、

その時間を切り売りする考え方を
今すぐやめない限り、

あなたが成功しお金持ちになる
ことはありません。

なぜなら、

24時間365日は誰しも平等であり
お金持ちだけは「長い」ということは
ありえないからです。

しかしお金持ちは、同じ24時間を
過ごしているにも拘らず、

収入があなたと比べて何百倍
何千倍違うのは、

時間や労働ではなく「価値」を
お金に変えているからです。

ただ、この価値も何でもかんでも
お金になるということはなく

=================
相手が感じる価値を提供しない限り
お金になることはありません。
=================

しかし、

「いい商品を作りさえすれば売れる」

と妄想を描いている貧乏人は、

自分の価値を押し付けていることに
気付けていません。

だから、

いい商品を提供しているにも拘らず

「商品が売れない」

というジレンマを抱える羽目となるのです。

そうではなく、

成功しお金持ちになりたいのであれば

=================
お客さんがお金を払いたがっている
もしくは、すでにお金を払っている
=================

ものを扱えばいいだけです。

これほど簡単なことはありません。

なぜなら、

すでに、お金を払っているものというのは
あなたが1からその商品について説明する
必要がないからです。

ということは、

以前の商品に感じていた不満を解消する策や
他社の商品の違いについて説明するだけで

お客は、あなたを救世主と感じ、

満面の笑顔になりながら、期待を胸に
あなたの商品を手にすることになります。

だから、

「商品が売れない」と言っている暇がある
のであれば、少し俯瞰した目で物事を見て

自分のエゴを押し付けていなかったかを
冷静に見るようにしてください。

それだけで、

お客が感じる価値が見えるようになります。

 

メールマガジンをご希望の方は、下記URLより
いつもお使いのメールアドレスをご登録ください。

========================
無料で「億万長者の思考」を手に入れる:
https://canyon-ex.jp/fx2165/Txrh2m
========================